2006年12月30日

MADOy

普段は違うらしいですが、オーストラリア人3人が大盛り上がりしてたのでわやわやした雰囲気。
カウンター席でショーのように焼き上げてくださるお肉を見つめながらワインを1本ご注文。
ご注文の品はこちら↓。全品はずれなし。付け合せのベビーコーン1つですら手抜きございません。

● 大人の黒胡椒ポテトサラダ
● 山いもの塩焼
● 沖縄幻の島豚あぐぅの岩塩焼 和辛味添え
● 黒毛和牛サーロインステーキ
● 焼チーズ二種盛り合わせ
● 仏産フォアグラと焼林檎のソテー
● 特製ガーリックライス

フォアグラがおいしくておいしくて2度も頼んでしまいました。酔っ払いの財布の紐はゆるゆるです。
いい気分で数時間。お店の人を笑わせ(笑われ?)愉快に帰宅しつつ、神楽坂への引っ越し欲が溢れました。
posted by tobby at 00:00| 東京 ☁| Comment(3) | 旅行とご近所観光。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

酒葵 KAGURAZAKA

シュキと読みます。無計画とプチトラブルに見舞われ食いっぱぐれ寸前だったクリスマスイブイブに滑り込み!BARですがお食事も楽しめます。
森伊蔵・天使の誘惑などプレミアム焼酎が揃ってるだけじゃなく、42都道府県全ての焼酎なんていうものもありました。
ひっそりと地下に潜り、角っコにあるソファ席でまったりのんびり気分よく、気づけば数時間。
ビーフシチューは必ず頼むべし!
ちなみに通り道で見つけた別の焼酎&お食事処の「MASUMASU」もかなり気になったので今度お邪魔します。
posted by tobby at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 旅行とご近所観光。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

蜷川実花『永遠の花』@東京ワンダーサイト

渋谷の坂の途中。2階建てのちっちゃな箱にて。
カラフルな造花であふれる館内。
南国の墓場で出会った花の写真展。
正直、心にひっかかるところは特になく。さらりと見終わってしまう感じ。

今になってのぞいたサイトのこのシリーズのほが好き。
http://ninamika.com/photographs/babybluesky.php

そんなことより。
2階の階段上がってすぐのとこにおいてあったゲストブックが興味深かった。
熱烈ファンたちの応援メッセージ集は、カラーペンを何色も使った力作ぞろい。
これだけで本ができてしまいそうなくらいの出来じゃないかな。
そのなかのひとつ。

 実花さんの大ファンで、今写真の勉強をしています。
 将来は実花さんのアシスタントとして働くのが夢です。

スタート地点も大事。ゴールも大事。
改めて自戒を促される一瞬でした。
posted by tobby at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | 旅行とご近所観光。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

恋しさと 飢と寒さを くらべれば

恋しさと 
 飢と寒さを 
  くらべれば
恥しながら 
  ひもじさがさき       

         亀戸 割烹 升本
------------------------------------------
コースター代わりと思わしき紙に詠まれていた詩。

10月から5月は地元で作られるけど、今の時期は北海道産だという亀戸ダイコン。
切干大根、大根サラダ、大根田楽、大根てんぷら、大根とアサリの鍋、大根のワイン漬け・黒糖漬け、大根のフォアグラ寄せ‥これでもかこれでもか、といろんな形態で出してくれる、ダイコンとアサリのお店。

会社の先輩方3人に連れられ遠路はるばる、若干いやいやながらやって来ましたが、帰る頃にはとてもよき気分♪
おいしい食べ物って大事ね。
posted by tobby at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行とご近所観光。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

美人妻とベージュへ。

NYを去る最期の怒涛のレストランラッシュ。
中でも印象深きアラン・デュカス。
料理の美しさやら、店の品格やら、ワインのとろけそうな旨さやら、ってのももちろんのこと、1人700ドルを越えるその値段にも絶句したのは記憶に鮮明。

ところで今月、ワタクシ誕生月だったりします♪
で、久々に会えた美人妻な友にご馳走してもらっちゃいましたよ!!
ほんとすまん。まったく奢られる気なかったから何の迷いもなく来ちゃったよ。
3月には営業魂をフルにこめてステキな企画考えるから!!

で、ご入店です。
思いつきで来ちゃった私たち。美人妻がちゃんと夏の素敵ワンピースを着ている横で、学生な私はカジュアル一直線。
シャネル最上階という場所柄か、ランチのクセにコースで8000円という値段のせいか、客層から明らかに浮いてしまいました。

でも気にせずメニューを眺めていると、懐かしいチーズ入りシュー。NYの時と同じ味だー。
スターターのセロリの冷製スープ、ホーボーとコンソメジュレ、サーディーン、鴨。デザートのおまけに自家製マカロン。
炸裂する贅沢メニューにくらくらします。

でもランチでこれじゃぁディナーは‥。
こっそり接待レストランリストに加えておこっかなーと邪な考えも浮かぶ夜です。
posted by tobby at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行とご近所観光。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

天上のシェリー@メゾンエルメス

綺麗なものも好きだけど、玉手箱的なのも面白い。

天上の愛しい人、それは騎馬像「花火師」でした。
エルメス屋上(左)を、足場を作って周りから包囲して(真ん中)、女の子の部屋に入れちゃった(右)、そんな作品。

「驚きから芸術へ興味を持つ人が多い」
作者の西野達さんが去年の横浜トリエンナーレに出品(http://www.ycan.jp/archives/2005/09/post_40.html)した時の言葉。

銀座エルメスの8階ではこんなイベントを無料公開してるようです。今回のは8月末まで。次は何が来るのか?楽しみ。
posted by tobby at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行とご近所観光。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

こだわり野菜ボリューム野菜 「KOTATSU」



漢字に直すと虎龍。
夏野菜なお店ですよ、と前フリされてご入店。

「虎龍バーニャカウダ」
バーニャカウダって知ってました?私は初めて聞きました。
イタリア語直訳「あったかいソース」。野菜スティックに、オイリーなソースを絡めていただく、という感じ。
でっかい野菜を生でもりもりいただけます。健康気分に惑わされて飲みすぎちゃうので注意!!
そんな酔っ払いな私でしたがちゃんと写真は撮れてて自己満足♪

まるでベジタリアンレストランのような紹介ですが、ほんとは串焼きのお店です。
posted by tobby at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行とご近所観光。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

女神かもしくは玄関マット 「ピカソ5つのテーマ」@ポーラ美術館

表現されたものに興味を持つきっかけはいろいろあると思うのだけど、表現する人本人が「理解したい」と思わせるような魅力を持っている、という要素を今回は感じさせられました。

ピカソ。老年の頃の自画像しか印象になかったので、入って早々に目にした若かりし日の、どこか心細げながらきりっとした姿に釘付け。
アニメキャラっぽい仲良しブラックくんとは大違い!
半世紀ほど年の離れた奥様を持つのも納得な、危うい魅力を感じました。

なんかね。生き方がとっても憧れさせられるのよ。
祖国を愛しつつもフランスへ女と渡り、貴族と結婚しながら70過ぎても恋愛し続け、息子にいろいろ仮装させて可愛がり、絵だけにこだわらず、ひとつの作風にも拘らず、人とよく交わり、しっかり90過ぎまで生きる。

ブラボー!!

この人となら、結婚するのもいいけど、コイビトとして暮らしてもきっと楽しいだろうな。


ピカソによく似た友人と旅しながらそんなことを思う2日目でした。
posted by tobby at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行とご近所観光。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

麗しの中華 「The Orchid」

夜9時半。同期からの内線をうけ、そっこーフロアを飛び出す水夜。
何も考えず向かったOAZO5階。ランチのコースメニューが出てる=もうすぐ閉店、ってのはまったく気にせずご入店。

特別メニューからアラカルトで4品。まーったく実は期待してなかったのにうまかった。
 ・ゴーヤとうなぎのなんちゃらソースがけ
 ・夏野菜とイベリコ豚
 ・トマトのリゾット炒飯
 ・すっぽんのスープ

とても満足な気分で帰り道。
ひさびさに空を見ながら帰っていたら楓みたいなでっかい葉っぱだけでできてる木を発見。
なんちゅー大雑把な木。でもなんかいいわ。

帰宅。これでもか!と癒しグッズが到着しとりました。
 ・リラックマ生活
 ・パン屋再襲撃
 ・センセイの鞄
 ・デトックスバスクリスタル×3袋
一緒に到着してたのではなく、宅配ボックスを見落としてただけなんだけどね。

最近人にオススメされた本は全部トライしてみてます。
何かオススメあらばご教授あれ♪

お荷物に紛れてヒラリ1枚。

「8月7日午後5時、マンション専有部分に不審者が現れました。十分ご注意ください。」

「落石注意」とかもだけど、注意しろと言われてもオートロック乗り越えてこられちゃ何もしようないっしょ。
posted by tobby at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行とご近所観光。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

掘り出しモノ♪ 原始焼 七代目寅

日舞・藤間流鑑賞。ストーリーわからずひたすら踊りを見続けることに途中で限界があっさり訪れ、表参道へ。(トリで出てくる歌舞伎役者たちを見逃す体たらく‥)

ふつうの居酒屋かな?とほそーい階段を下りていった先にあったのはでっかい囲炉裏!
カウンターに座った瞬間、目の前であめ色に輝く鮎に釘付け!
焼きもろこしも、鮎の塩焼きも、エリンギも、地鶏焼きも、竹串おにぎりも、あまりにおいしくて。
ご一緒した友とふたり、幸せに言葉もゆるみました。
店員さんも暑い中とても爽やか。
たゆたう火を眺めながらとてものんびりした気分。

しかもお値段お手ごろ。年収が半分になっても通えそうなお店を発見です。オススメです。
posted by tobby at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行とご近所観光。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

十番の住宅街に突如現るビアガーデン

東京さぬき倶楽部の夏限定ビアガーデンへ。
先月のゴルフの祝勝会。いや、最下位ですが。

ふと思うに。これってかなり珍しい経験だよなーと。
何がって、自分以外みんな同じとこに所属してる(もしくはしてた)人たちに囲まれて飲むってとこが。
普通の会社後飲み会のようでいて、そうでない、みたいな。
きっと世の中のオクサマなら味わうかもしれない、ちょっと覗き見ちっくな距離感。

とか思ってたのは最初の30分くらいで、どんどん図々しく話に入っていっちゃうんですけどね。
で、ここなんかいいですよ。猛暑なのに木々に囲まれているせいか涼しく、東京タワーの目の前にあるのに、なぜかタワーがあえて見えないように建物が建っている‥。(ほんとになぜ?)
ビアガーデン出た瞬間に目の前にそびえたつ「オドロキ感」がネライ!?

何はともあれ初ジンギスカンとともに爽やかな金夜を過ごしました。
団体向きかも?ですが、周辺でビアガーデンお探しの方、ぜひ。
http://www.sanuki-club.com/map/menu.htm
注意:閉店早いです。10時!
posted by tobby at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行とご近所観光。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

松木さんの野菜を求めて「ラ・リューン」へ。

夏野菜レストラン第5弾は、麻布十番の住宅街にちょこんと現れる「ラ・リューン」。

松木さんとは恵比寿にあった「タイユバン・ロブション」のモト総給仕長で、脱サラして「ビオファームまつき」の農場主をされている方。
「真っ当な環境で育つ少量多品目の野菜たち」とのフレーズと写真たちに惹かれ、彼の野菜を採用しているレストラン3つからエイヤっと選んだお店。

大正解でした♪

前菜の夏野菜。しびれます。野菜サラダと聞いて想像したものとはまったく異なる、しっかり料理された野菜たち。きゅうりらしい味のきゅうりとなすが、トマトのジュレに包まれていて絶品。
かぼちゃスープに浮かぶかぼちゃのかけら。目で見てほーぅとかわいらしさに嬉しくなり、食べてみて頬ゆるみっぱなし。

それにしてもシェフの永田さん、32歳か‥。若くしてオーナーシェフ。そしてこんな美しくて幸せなフレンチ。ステキ。
今日はいなかったけど、かわいい奥様が接客してる時間もあるそうです。うーん、なんとも幸せの図。
posted by tobby at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行とご近所観光。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

パリ食堂@つくば

つくばのフレンチは超バリューです。
http://www.joyoliving.co.jp/gourmet/rstdata/rst00118.htm
地元野菜がウリ。夏野菜第4弾?って感じで行きましたが、タラバガニの香りいっぱいのスープと、赤ワインにじっくり漬け込んだやわやわ肉にすっかり夢中。

4時閉演に阻まれて年1回の環境研究所一般開放を逃したまぬけな私ですが、このお店のおかげでかなり救われました。
もちろん癒し系ステキ女子である友の歓待があってこそ、の夜でしたが。

秋葉原からほんの45分。都会からもっとも身近かもしれない自然。いいとこです、つくば。

<おまけ>
そんなステキ女史の小粋な表現。
「妄想に顔がない」
染み渡るように伝わってきます。
posted by tobby at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行とご近所観光。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

さらに第3弾「よかろう門」

夏野菜食べたい!な日記に反応した友をひきつれ、夏野菜シリーズ第3弾は博多ダイニング「よかろう門」。
赤坂見附徒歩5分。入り口のやかんが目印。全席個室のデート用、とモノの本には書いてありましたが、ばっちり団体さんで賑わってました。

野菜がね。にんじん一口で気づきましたが、とっても味わい濃い。ゴーヤなんて、まるで沖縄時代に苦行の元となったあの味そのまま。(苦い!!)
ですが、なんだかやみつきになる濃い野菜たち満載な「よかろう門サラダ」お試しあれ。

モツ鍋を〆に。ぷりぷりです。飲みながらつまんだ牛蒡の素揚げもさくっとスナックっぽくてするする入っちゃいます。
ご一緒した友とは2度目対面ながら、なんだかそんな気がまったくしない落ち着きっぷりを勝手に感じて、おなかいっぱい幸せいっぱい。

ちなみにお酒は今日は梅酒オンリーでいきました。紀州緑茶梅酒がいと旨し。2人で梅酒が12杯、焼酎が4杯と、日曜夜なのになかなかの杯の重ねっぷりとなっとりました。。
さすがに飲みすぎたせいで、このまま湯船に浸かったら意識が絶えてしまいそう。。

というわけで、さっそく日記が更新されているわけです。

それにしても。やっぱりグルメブログやるんだったら「牛蒡」くらい目で見てわからんといかんと思うぞ!
(かなり個人的なご指摘でした)
posted by tobby at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | 旅行とご近所観光。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

斉須さんの戦場「コートドール」

夏野菜月間第2弾は我が家の裏にあるフレンチレストラン。NYで出会った友の帰国祝いなのでごちそうしちゃいました♪

「料理。これは地上に恵みをもたらす自然に対し、限りない感謝を伝える言語である。」
の、斉須シェフ。うるうるしながら読んだ「調理場という戦場」の著者でもある彼のお店がまさかこんな近くにあるとは!!

赤ピーマンのムース、噂に違わず、です。ふわふわふわっとしたピーマンのムースとほんとにトマト味なソース。
続いて野菜のテリーヌ。鯖とズッキーニ・きゅうり・ナス・トマト。それぞれにじんわり味わいあり。

幸せ〜♪
サービスマンたちのすっとした姿も気持ちよいです。

今日はランチでしたが、ディナーでいろいろ試したいメニュー満載。特別な日にぜひ。
次はがんばってシェフに挨拶とかしちゃおうかしら。本を抱えて。。

ちなみに入り口がめっちゃわかりにくいですが、三田ハウスっちゅーマンションの1階です。庭園を目印にどうぞ。
posted by tobby at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | 旅行とご近所観光。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

初対面率75%。

土日で奥多摩アメリカキャンプ村へ行って参りました。

集合した時点で知っているのは主催者のみ、という初対面に溢れたメンツにもかかわらず、いつになく何もムリしない間に準備が進んで、いつのまにかおなかいっぱいで、気づけば片づけがすんでいて、さらにうつらうつらしながらログハウスの2階からふとんをおろしてきて休憩、というぐーたらが許される幸せ。。

夜から翌日の車にかけては出身地プロトコルやら恋愛スタイルやらで議論白熱。の中で、ふと自分が会社でなんでうまくやれないのかがわかるヒトコマもあったりして、ちょっぴりしょぼくれるものの、得るものもまた多し。

自分がヒトミシリだということをすっかり忘れそうな、幸せな1泊2日でした♪

あ、そうそう。鹿見たよ。しかも奈良で見るようなかわいいのでなく、やたら大型の。ほんとに都内なのか疑う一瞬でした。東京も広いね。
posted by tobby at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 旅行とご近所観光。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

雨でも工事中でもオリエンタルランドは頑張ります。

アメニモマケズ。

いや、あっさり負けまして。
着くなりまっすぐイクスピアリへ。腹ごしらえしてもなお止まない雨。ディズニーランドとは縁のなさそうなカレイドスコープのお店でなかなかうっとりな世界♪を楽しめました。誕生日プレゼントに困ったらここへ来ると良いかと。500円〜20万円くらいまでバリエーション豊か。

さて、夕方からようやくディズニーランド本体へ。思えば3年ぶり?最近はシーに連続して行ってましたゆえ。
いつもながらキャストたちから溢れるサービス精神&スマイルには頭が下がります。
目的地のひとつでもあった働く友を突撃。「写真撮ってください!」とお願いしたら、まったく気づかず「ハイチーズ」。にっこり掛け声をくださいました。仕事熱心。素晴らしいです。

工事中?というシンデレラ城もうっかりセンスのない青いシートで覆うことなどなく、しっかりかわいらしい落書きで囲んでありましたよ。
作り上げた世界を守る気合に乾杯。
ただ、雨に備えて履いてきたサンダルはつるつるの床ではまったく役に立たず。せっかくの夢の国なのに、友を杖がわりにおばあちゃんはなんとかヨタヨタ歩き回っとりましたよ。

嬉しかったのは夜のパレード。違う曲だった時期もあった気がするけど、やっぱりエレクトリカルパレードだよ。
あのイントロが流れてきた時点でどきどきわくわく、たまりません。

帰り際。友よりメール。前後は省略。
「ところで彼かっこいいねー。若い?若く見えた」
ちくしょー。せっかくの若やいだ気分を‥!!‥。

さて、中途半端に非国民な私。そのまま友人宅でサッカー観戦。1日歩き回ってた体にはすぐに限界が訪れ‥後半戦記憶ゼロ。

気づいたら5時。
ぎゃーーーーーー!!!
友人2人がまだまだ夜モードだというのに、慌てて騒いで飛び出す私。
 起きる⇒帰宅⇒湯船⇒化粧⇒6時35分出社
ゆっくり朝ごはんを作る生活が恋しいです。

--------------
そんなこんなでイチオシはハニーハント。
場内で写真撮ってこなかったので代わりにピグレット1匹。ディズニーランドで売ってるのにニセモノ疑惑。理由は写真見たまんまですが。
posted by tobby at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 旅行とご近所観光。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

カルティエ現代美術財団 コレクション展

朝から続々と家具到着♪
カーテン。光があたるときれいに模様が出てきていい感じ。
フロアランプ。明るいとこにあると超まぬけ。。返品したい。けど、真っ暗なとこでつけるととたんに良い雰囲気に。「お酒飲むのに向いてます」という店員さんの説明に納得。
ベッド。いや、私が無知なだけかもしれないけど。
宅配便におじちゃんに板のカタマリを置いていかれて唖然。
       自分で組み立てるの!?!?
つらい現実から目を背けて清澄白河へ!

わーかっちゃいたのに来ちゃった現代美術館。何が、って現代美術が苦手な自分、ってとこね。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=113639890&owner_id=530236
こんなにも現代美術は苦手ーーーって力説してたくせに、また行っちゃいました。「初の」とかついちゃうとどうもね。

今回も私にとっては「美しくないアート」という理解しがたい作品がちょこちょこあったけれど、同行した友がいろいろ解釈してみてくれるのでかなり救われたりもしました。
「アートにはとことん疎い」と心配していた彼よりもっともっと感受性・理解力に乏しい私。とほほ。

数少ないけれど気に入った作品たち。
写真左。巨大なカラフル・ソファ。王座って感じ。入り口にあって一目ぼれ。
いいなーステキーと思ったら、作者のalessandro mendiniは愛するAlessiの多くの作品(例えば写真中央みたいなやつ)を手がけている方でした。納得。

友と一致して見とれたのは写真右の彫刻。
実物×5倍くらい?の像は、首もとのシワ、腕のシミ、肉感、眉毛の生え方など、気持ち悪いくらいきれいに”人間”してました。
触っちゃダメってのが悔やまれました。

あともひとつ。ボクサーの部屋。行ってない人には何のことやら?でしょうが、自分がスポーツやっていた頃を思い出す、なんだかとてもきゅーっと来る部屋でした。
ちょっとタイムトリップだったわ。

さて、地元に戻ってきました。
土曜のながーい夜に「麻布十番はやっぱりおしゃれカフェ多いぞ」と今さら気づき、心に決めてたお店めぐりをさっそく実行!
まずはベタに有名だと聞いて「カフェライフ」。ハニーカフェラテ。キャラメルマキアートみたいなめっためたな甘さが苦手な方にオススメ。
「がいがい」に移動。銀杏いいね。秋になったら拾ってきてうちでも煎ってみよう♪

とても饒舌、だけど落ち着いてるので和める友と、楽しく過ごしてあっという間にタイムアップ。帰ってきてからもテンション高どまり。
勢いでベッド組み立てちゃいました♪
マニフレックス、試したい方は我が家へどうぞ。
posted by tobby at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 旅行とご近所観光。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

【大阪2日目】ぐーたらにも体力がいるのね。

昨晩の深酒にもかかわらず起床10時半は優秀でしょ。
「車なきゃ動けないししゃーないわ」と血も涙もないことを言いながら旦那の起床を待つ。

本日の目的地は万博記念公園と海遊館。
至近距離で見ると気持ち悪いともっぱらの評判の「太陽の塔」を見ることが唯一の目的。

ヤキソバ、ポテチ、たこ焼き、フランクフルト、とジャンク飯を売店でゲットして芝生でごろんと4人。
園内をかけめぐる列車はじいちゃまばあちゃまで溢れかえっていて乗れなかったので、あとはひたすら徒歩徒歩徒歩。
「ソラード」で鳥と同じ高さから木々とたわむれたり、点在する「この木何の木」クイズにきょろきょろしたりしながら、目的地に付く頃にはもう閉園時間。

目的地・太陽の塔。
気持ち悪いどころかあまりの美しさとキュートさにびびっときて10枚は写真撮っちゃったね。
デジカメがない身としては画質の悪さが口惜しいところです。

水族館好きの私には夜からが楽しい海遊館はかなり魅力でしたが、昼間太陽の下うろうろしすぎて体力の限界。
ここで夫婦とはお別れ、友と2人ホテルへ。夕飯は力尽きてるのでホテルの地下の鰻丼(特)。
無料放映中の宝塚に次回大阪旅への意欲を焚き付けられつつ本日終了。
posted by tobby at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 旅行とご近所観光。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

【大阪初日】青空の下、ドラゴンボール熱唱。

大阪初日。起きたら7時半。新幹線は8時。やばい!!
何も用意されてない状態からのものすごい追い上げでなんとか乗車。夜更かしはいけません。知ってますが治せません。

茨木市の友人宅。
旅を忘れて危うくぼーっとし続けてしまうところだったけれど、なんとか重い腰をあげて梅田へ。

梅田シティ。どこからともなく聞こえてくるお姉さんの歌声。
そこは「こどもの日記念素人チャリティカラオケ」の会場だった。歌った人が500円募金するの。
演歌とか流れてきそうだねーと眺めていると、「それでは次はニセ影山ヒロノブさん」。

きゃーーーー。
友と2人、前列へ走り寄ってしっかり合いの手。
めっちゃうまい!サングラスしてて顔が見えなかったことも手伝い、すっかりファン化させて頂きました。握手くらいしてもらえばよかった。。
カラオケで恋に落ちるならドラゴンボールだわ。

空中庭園の夜景も堪能。サンバ集団がきていたのもうずうずする楽しさ。
やっぱサルサ習おう。
きっと教室にはあのかっこいいお兄さんみたいな人はいなくて、おじいちゃまおばちゃまの巣窟となっているんだろうけど。
でもあの腰つきさえ習えればあとは実地で頑張れる!

ほんとの目的はお好み焼き屋「きじ」。
4人で5枚+焼きうどん。しっかり平らげて参り満足♪
うちに帰ってきてから正体なくなるまで氷結果実を旦那と飲み続け、とても休みらしい良い夜でした。

しあわせ。
posted by tobby at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 旅行とご近所観光。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。