2005年11月11日

LE NOZZE DI FIGARO ★★★★★

文句なしに今までで一番楽しいオペラ。

こんなに笑えるオペラがあるなんて‥!とびっくりしちゃうくらいおかしなコメディ。
フィガロの婚約者スザンナがあまりにも太っていて、ヘアスプレーのトレーシーみたいだからってのも一因ではあるけれど、それだけでなくて今までのオペラ(トスカ・トューランドット・アイーダ)には見られなかったコミカルな動きがいっぱい。

ストーリーも純粋におもしろい。いくつか恋愛ゲームをしかけにいくんだけど、誰かに頼んだり変装したり手紙を出したりして誘惑して恋人の反応を見るってやり方は、ロンブーの「スティンガー」とおんなじ(いや、こっちがオリジナルか)だし、「男なんて自分は浮気するくせに彼女がすると嫉妬する勝手な生き物よね」のように女同士語るシーンはあたかもSATC。
((フィガロ3部作の2作目なので、続きが気になって調べてみたら、伯爵夫妻の子供たちの物語である3作目では、2人の純粋な子である長男はギャンブル絡みのトラブルで死亡、次男は実は伯爵夫人とケルビーノ(後述)の子、長女は養女という名目で伯爵と愛人の子を引き取った、でもってその次男と長女が最終的には結婚してハッピーエンドというしょうもない物語だった‥。))

始まる前は、主要登場人物が11人もいる時点でセリフ訳が消えまくることは容易に想像がついたので、理解できるんだろうか‥?と不安を隠せなかったけれど、1幕目が終わって混乱しそうになっているところでプレイビルをしっかり読んでおいたことや、そもそも登場人物が全員見かけも含めてとても個性的だったことからまったく問題ありませんでした。
(( 注釈:英語以外で上演されているオペラ、どうやって内容を理解するかというと、リンカーンセンターでは前の座席の後ろに字幕用の電子版があって、英語2行分が表示されてます。この難点は、複数で一緒に歌っている時には字幕が消えてしまうこと。せめて誰か1人の歌だけでも英訳されていれば理解できるのに‥))

今回の座席はグランドティアの最前列中央寄り。これが幸いして絵画の中で人が歌い踊るような感覚。特に第3幕の結婚式準備の部屋の場面はまさに印象派絵画の世界。距離のおかげか、フィガロ、伯爵、伯爵夫人、ズボン役(女性が男性役をやること)の女ったらしケルビーノ、農家の娘バルバリーナらはとても美形に見えました。
始まりの曲は小学生の時買い与えられた「クラシック名曲集」の一番初めに入っていた曲で、とてもなじみがあるもの。自然と体がリズムを刻んでしまうって経験はオペラでは初めて。今後も事前学習で曲を聴いておいたほうが楽しめるかも。

アリアとしては伯爵夫人、フィガロ、ケルビーノ、そしてたまにフィガロの母マルチェリーナの声がとても気持ちよくて、ほんとうっとりな瞬間でいっぱいでした。自分がダンスもなく歌だけでここまで楽しめるとは知らなかった。新たな発見。有名な歌もいっぱいあったけど、「Dove sono」が一番快感でした。

それにしても貴族って暇なことやってんだな‥と脱力系のシナリオでした。家来ともこんなにフランクなつきあいをしてたのかしら?劇だからかな。いや、でも当時「droit du seigneur」(領主が課した結婚税を金で払えない時は花嫁が体で払わなければいけないという制度)なんてものがほんとにあったならかなりエグイか。

ちなみにNOZZEと聞いてすぐに「結婚相談所?」と連想してしまいましたが、こんなの私だけかしら。

ついでにひとつびっくりしたこと。
スザンナ役の太っちょな歌手、それだけ巨乳でもあるんだけど、その彼女を誘惑する伯爵がふつーにイスに座って後ろから抱きしめながら揉みまくっていたのも印象的でした。
アリなんですね。
posted by tobby at 00:00| ニューヨーク ☀| Comment(2) | 歌と踊りと物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わたしの一番好きなオペラです!
モーツァルト好きということもあるけど。
チューリッヒで見たときの伯爵役がかっこよくてねー。
こないだテレビでやってたトロント版は、伯爵がスザンナにまたがってたよ。
それでも歌える腹筋に感激。

コメディオペラが好きなら、3部作の1個目、ロッシーニの「セビリアの理髪師」もおすすめ。
フィガロが歌う「私は町の何でも屋」は聞いたことがあると思うよ。
Posted by miffy at 2005年11月14日 10:05
そうなのよ!
いちゃいちゃしながら寝っ転がりながらもしっかり歌えてるとこに感心しました。

セビリアは私の滞在期間中でのNYでは公演してないみたい。国立劇場に持ち越します。。
Posted by さやか at 2005年11月14日 13:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。