2006年11月19日

RENT ★★★☆☆

ブロードウェイミュージカル@厚生年金会館。
映画化もされてて説明不要な知名度となったニューヨークを舞台にした若者たちの物語。
しょーもないストーリーながらも歌がかなり気に入ってて、CDを聞きこんだ末に出会った「チケット先行発売」の文字。
3ヶ月先の予定なんてわかるはずもなかったけど飛び付いちゃいました。最後のほうは週4日、浴びるように舞台へ通ってた頃に比べると、かなりレアなイベントになってしまった。。

さて、ニューヨークの舞台からカウントしたら三度目のレント。
舞台装置はまんまブロードウェイ。期待高まりましたが。

なんでさ。
なにゆえ、滅多にない日本公演なのにこの会場選んじゃったのさ。
なんとも哀しい音割れっぷり。。
曲を、詩を、気に入ってる演目だけに寂しさひとしおでした。帰宅したらさっそくCDで耳を浄化です。

あとね。
左右の字幕、あれは在ると見ちゃいますね。で、見てると聞こえなくなるの。

あーなんとも不完全燃焼。日本じゃいかんのか。厚○年金会館がだめなだけか!?
ニューヨークおよびロンドン在住な友人のミナサマ、その貴重な機会を存分に堪能してくださいませ。
ラベル:ミュージカル
posted by tobby at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 歌と踊りと物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

蜷川実花『永遠の花』@東京ワンダーサイト

渋谷の坂の途中。2階建てのちっちゃな箱にて。
カラフルな造花であふれる館内。
南国の墓場で出会った花の写真展。
正直、心にひっかかるところは特になく。さらりと見終わってしまう感じ。

今になってのぞいたサイトのこのシリーズのほが好き。
http://ninamika.com/photographs/babybluesky.php

そんなことより。
2階の階段上がってすぐのとこにおいてあったゲストブックが興味深かった。
熱烈ファンたちの応援メッセージ集は、カラーペンを何色も使った力作ぞろい。
これだけで本ができてしまいそうなくらいの出来じゃないかな。
そのなかのひとつ。

 実花さんの大ファンで、今写真の勉強をしています。
 将来は実花さんのアシスタントとして働くのが夢です。

スタート地点も大事。ゴールも大事。
改めて自戒を促される一瞬でした。
posted by tobby at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | 旅行とご近所観光。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。