2006年08月22日

天上のシェリー@メゾンエルメス

綺麗なものも好きだけど、玉手箱的なのも面白い。

天上の愛しい人、それは騎馬像「花火師」でした。
エルメス屋上(左)を、足場を作って周りから包囲して(真ん中)、女の子の部屋に入れちゃった(右)、そんな作品。

「驚きから芸術へ興味を持つ人が多い」
作者の西野達さんが去年の横浜トリエンナーレに出品(http://www.ycan.jp/archives/2005/09/post_40.html)した時の言葉。

銀座エルメスの8階ではこんなイベントを無料公開してるようです。今回のは8月末まで。次は何が来るのか?楽しみ。
posted by tobby at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行とご近所観光。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

アンジェラにフォーリンラブ @J-WAVE LIVE 2000+6

代々木体育館にてJ-WAVE LIVE。

●BONNIE PINK
 ちゃんとシンガーソングライターだったことを確認。
 モー娘。に似てるとか言ってごめんなさい。
 通勤のテーマ曲Perfect Skyもご一緒してご満悦♪

●アンジェラ・アキ
 こんなノリよくおもろい関西姉ちゃんとは知らなかった。
 そしてラストのMCで泣かされた。
 ギャップにさらに惹かれました。

●絢香
 失礼ながらトイレ休憩になるかな?とまったく気にかけてなかった。
 のですが、その素直に嬉しそうな様子と、歌いだした時のギャップ。
 御見それしました。

●山崎まさよし
 来ました大御所!会場のテンションは最高潮。
 なのにここでうとうとな私。
 いや、ほんとにファンなんですよ。

●元ちとせ
 天真爛漫を具現化するとこうなるのかしら。
 お隣の友とかぶるかわいらしさに夢中♪
 彼女の時だけ照明がプロ仕様だったようにも。。

●3人の侍 -奥田民生・竹中尚人・山崎まさよし
 ギターを持った3人のスタートは「ホテル代々木体育館」。
 ホテルカリフォルニアのパロディ。悪ふざけ、だけに終わらず。
 ちなみに「竹中直人」ではありませんので念のため。

それぞれ4〜5曲ずつ。これで7000円はオトクすぎる!!
誘ってくれた友に頭が上がらない、ステキな4時間半でした。

夏休み2日目。興奮のるつぼ。
posted by tobby at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 歌と踊りと物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

こだわり野菜ボリューム野菜 「KOTATSU」



漢字に直すと虎龍。
夏野菜なお店ですよ、と前フリされてご入店。

「虎龍バーニャカウダ」
バーニャカウダって知ってました?私は初めて聞きました。
イタリア語直訳「あったかいソース」。野菜スティックに、オイリーなソースを絡めていただく、という感じ。
でっかい野菜を生でもりもりいただけます。健康気分に惑わされて飲みすぎちゃうので注意!!
そんな酔っ払いな私でしたがちゃんと写真は撮れてて自己満足♪

まるでベジタリアンレストランのような紹介ですが、ほんとは串焼きのお店です。
posted by tobby at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行とご近所観光。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

女神かもしくは玄関マット 「ピカソ5つのテーマ」@ポーラ美術館

表現されたものに興味を持つきっかけはいろいろあると思うのだけど、表現する人本人が「理解したい」と思わせるような魅力を持っている、という要素を今回は感じさせられました。

ピカソ。老年の頃の自画像しか印象になかったので、入って早々に目にした若かりし日の、どこか心細げながらきりっとした姿に釘付け。
アニメキャラっぽい仲良しブラックくんとは大違い!
半世紀ほど年の離れた奥様を持つのも納得な、危うい魅力を感じました。

なんかね。生き方がとっても憧れさせられるのよ。
祖国を愛しつつもフランスへ女と渡り、貴族と結婚しながら70過ぎても恋愛し続け、息子にいろいろ仮装させて可愛がり、絵だけにこだわらず、ひとつの作風にも拘らず、人とよく交わり、しっかり90過ぎまで生きる。

ブラボー!!

この人となら、結婚するのもいいけど、コイビトとして暮らしてもきっと楽しいだろうな。


ピカソによく似た友人と旅しながらそんなことを思う2日目でした。
posted by tobby at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行とご近所観光。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

麗しの中華 「The Orchid」

夜9時半。同期からの内線をうけ、そっこーフロアを飛び出す水夜。
何も考えず向かったOAZO5階。ランチのコースメニューが出てる=もうすぐ閉店、ってのはまったく気にせずご入店。

特別メニューからアラカルトで4品。まーったく実は期待してなかったのにうまかった。
 ・ゴーヤとうなぎのなんちゃらソースがけ
 ・夏野菜とイベリコ豚
 ・トマトのリゾット炒飯
 ・すっぽんのスープ

とても満足な気分で帰り道。
ひさびさに空を見ながら帰っていたら楓みたいなでっかい葉っぱだけでできてる木を発見。
なんちゅー大雑把な木。でもなんかいいわ。

帰宅。これでもか!と癒しグッズが到着しとりました。
 ・リラックマ生活
 ・パン屋再襲撃
 ・センセイの鞄
 ・デトックスバスクリスタル×3袋
一緒に到着してたのではなく、宅配ボックスを見落としてただけなんだけどね。

最近人にオススメされた本は全部トライしてみてます。
何かオススメあらばご教授あれ♪

お荷物に紛れてヒラリ1枚。

「8月7日午後5時、マンション専有部分に不審者が現れました。十分ご注意ください。」

「落石注意」とかもだけど、注意しろと言われてもオートロック乗り越えてこられちゃ何もしようないっしょ。
posted by tobby at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行とご近所観光。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

掘り出しモノ♪ 原始焼 七代目寅

日舞・藤間流鑑賞。ストーリーわからずひたすら踊りを見続けることに途中で限界があっさり訪れ、表参道へ。(トリで出てくる歌舞伎役者たちを見逃す体たらく‥)

ふつうの居酒屋かな?とほそーい階段を下りていった先にあったのはでっかい囲炉裏!
カウンターに座った瞬間、目の前であめ色に輝く鮎に釘付け!
焼きもろこしも、鮎の塩焼きも、エリンギも、地鶏焼きも、竹串おにぎりも、あまりにおいしくて。
ご一緒した友とふたり、幸せに言葉もゆるみました。
店員さんも暑い中とても爽やか。
たゆたう火を眺めながらとてものんびりした気分。

しかもお値段お手ごろ。年収が半分になっても通えそうなお店を発見です。オススメです。
posted by tobby at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行とご近所観光。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

十番の住宅街に突如現るビアガーデン

東京さぬき倶楽部の夏限定ビアガーデンへ。
先月のゴルフの祝勝会。いや、最下位ですが。

ふと思うに。これってかなり珍しい経験だよなーと。
何がって、自分以外みんな同じとこに所属してる(もしくはしてた)人たちに囲まれて飲むってとこが。
普通の会社後飲み会のようでいて、そうでない、みたいな。
きっと世の中のオクサマなら味わうかもしれない、ちょっと覗き見ちっくな距離感。

とか思ってたのは最初の30分くらいで、どんどん図々しく話に入っていっちゃうんですけどね。
で、ここなんかいいですよ。猛暑なのに木々に囲まれているせいか涼しく、東京タワーの目の前にあるのに、なぜかタワーがあえて見えないように建物が建っている‥。(ほんとになぜ?)
ビアガーデン出た瞬間に目の前にそびえたつ「オドロキ感」がネライ!?

何はともあれ初ジンギスカンとともに爽やかな金夜を過ごしました。
団体向きかも?ですが、周辺でビアガーデンお探しの方、ぜひ。
http://www.sanuki-club.com/map/menu.htm
注意:閉店早いです。10時!
posted by tobby at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行とご近所観光。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

阿修羅城の瞳 ★★★★★

『阿修羅目覚めるとき 逆しまの天空に不洛の城浮かび 現し世は魔界に還る』
ようやくDVDが大画面で見れるようになったので友人から借り続けてしまってる(すまんmiffy!!)劇団☆新感線の「いのうえ歌舞伎」シリーズを見てみた。
ご飯食べながらついでに見てたのに、あっちゅーまに引き込まれた。期待以上のオモシロさ!!

日本芸能ってすごいのかも。というか、染五郎に夢中。
セリフに混ざる見得、走り続けながらの流れるような太刀さばき、コミカルな刀磨き屋さんとの掛け合いの時のつっこみ。そして時折見せる照れ笑いみたいな表情。
んもうパーフェクト!!
松たかこもこんなお兄さんがいちゃなかなか結婚できないだろうな‥。

ちなみに私が見たのは2003年の新橋演舞場版。
つばき役の天海祐希、喋るとまったく色気ナシなのに、映像の中のなまめかしさったらない。汗ひとつかかずに3時間舞台をやってのける人間離れしたとこも素晴らしい。
美惨役の夏木マリの、あの不気味な化粧を受け入れた肝っ玉っぷりもステキ。語尾で歌うとこも綺麗な高音なんだけど、ともかく不気味!

全部で3時間あるんだけど、おまけとして役者達が完成版DVDを見ながらあーだこーだコメントしてるものも、同じだけの時間入ってます。
1つ目が染五郎様と演出のいのうえひでのり。2つ目が天海祐希、安倍邪空役の伊原剛志など4名の役者。ほんとに3時間分入ってるから全部見切れません。
が、欲求に負けてちょっとだけ1つ目を見てしまいました。
演出家の「役者をいかにかっこよく見せるか?」を追求する気持ちがあふれ出てておもろいです。

宮沢りえと演じた映画版と2作品セットも出てるみたいだし、買っちゃおうかな‥。
posted by tobby at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 歌と踊りと物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。