2005年10月31日

2005年10月の訪問記録。

訪問者数 789名
 最多 38人(18日)
 最少  12人(23日)
総アクセス数 1883件
 最多 202件(28日)
 最少  16件(23日)

訪問者数はこの2日を除けば全て20台。偏りがとても少なくなってきました。
posted by tobby at 00:00| ニューヨーク ☁| Comment(0) | 2005年1月より開始。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

The Light in the Piazza ★★★★

行く前からその音楽の美しさに毎朝うっとりしながら通勤の日々。
2005年のトニー賞での6部門受賞は音楽+技術賞でのものだったからきっと舞台も美しいに違いない。

1月のクローズ前にはぜひ!と思い期待高まる中、ようやく今日が待ちに待ったLight in the Piazza。
場所はVivian BeaumontTheatre。リンカーンセンターの中、といえばわかりやすかったはずが、中途半端に番地で覚えていたため迷いに迷って開始ギリギリの到着。

まるで野外オペラ劇場のような会場で、場所を変幻自在に利用しながら、舞台袖の方々まで気を抜かずに演じている姿はとてもステキ。
娘役の代役の人の声がいまいち弱い感じはしたものの、オーケストラも歌もとっても綺麗。
全員アメリカ人なのに違和感のないイタリア人たち。
そしてセリフや歌のあちこちにあふれるイタリア語がわからなくても理解できる話の展開。(メタっぽい演出で英語でたまに補足してるし)

なのに何か物足りない?

舞台が終わってからつくづく考えるに、歌ももちろんのことダンスも大好きな私には、プレイにオペラ歌謡が加わった感じのこの演目は「ひさびさにブロードウェイ見に行くぞ」の気分に若干水を指された気がした、ってのがまずひとつ。
もうひとつには「主人公がちょっと普通と違う」って点がぼかしぼかし出てくるためになんか気になって歌に感情が入っていきにくい、ってのもあった気がする。設定懲りすぎというか。

朝のオイスター・フェスティバルが楽しかったので★4つはその名残のおまけポイントだな。
おまけ 夜ご飯。
posted by tobby at 13:46| ニューヨーク ☀| Comment(2) | 歌と踊りと物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

父は航空管制官。

友人のブログに乗っていたURLをクリックして固まってしまった。
http://mito.cool.ne.jp/detestation/jal123.html
20年経った今もなお事故原因に謎を残す、520名もの命を奪ったあの大事故。フラッシュでボイスレコーダーの音声を聞くことができるサイト。

記録された事故発生約7分後の所沢管制の指示。
  これからは日本語で話して頂いてけっこうですから。
パイロットと管制官の会話はすべて英語で行われる。これだけの大事故直前に母国語でない言葉でトラブル処理をするというのはどんな精神状態なんだろう。
人の命を預かる仕事はもちろんいっぱいあるのだけど、身近な人間の仕事の重さを思い、しんどくなる。
posted by tobby at 00:00| ニューヨーク ☁| Comment(2) | そこはかとなく書き綴れば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。